不動産について

不動産投資の中で注目されるアパート・マンション経営

不動産投資や財テクなどを特集した雑誌や書籍、最近ではテレビCMなどでも見かけるのが、アパート・マンション経営です。近年は、銀行の定期預金の金利はほとんど付かないため、また、老後のためといった理由から不動産に投資を行う人が増えています。初心者向けともいわれているため、アパート・マンション経営は注目されているのです。アパート・マンション経営と聞くだけでは、どちらも同じように感じますが、実際はまったく違うものです。マンション経営は、一般的に、単身者向けの分譲マンションを区分けして所有することを指します。一方、アパート経営は、おおよそ8部屋ほどがあるアパート1棟を所有します。1棟投資とも呼ばれています。マンションは部屋単位で所有するのに比べ、アパートは建物だけでなく、土地も保有することになるので、投資額はマンションよりもかなり高額になります。土地の価値があるため、資産価値は減ることはあまりないことが特徴です。

Copyright(c) 不動産 All Rights Reserved.